フォークダンス関連書籍  詳細ページ       書籍:一覧へ        ホームへ

レコードジャケット タイトル 英国の民族舞踊 副題 Folk Dances of England & Scotland
著者 池間博之 (著) 出版社 不昧堂出版
発行日 1975年(昭和50年) その他   
ページ数 248頁 管理# B-12
コメント 理論編ではイングランドの民族舞踊のモリスダンス、ソードダンス、コミュニティダンスなどについて記述。 スコットランドの民族舞踊では、ハイランドダンス、カントリーダンスの特徴とステップ、隊形など充分理解できる内容である。 実技編ではイングランドから31曲、スコットランドから19曲、合わせて50曲を選曲。 易しくて楽しいものから複雑な踊りまで幅広く紹介されている。

テキストNo.
(ページ)
曲 名 曲 名(英) 国 名 コメント 番号
B12-138 ビーン・セッティング Bean Setting イングランド モリス・ステックダンス(Morris Stick Dance)
春に豆の種をまき、この成長を祈る踊り。  ステック(長さ40pの丸い棒)で床を叩いて踊る。
411
B12-141 リグス・オー・マロウ Rigs O' Marlow イングランド モリス・ステックダンス(Morris Stick Dance)
ステック(長さ30〜40pの丸い棒)の中央を持って踊る。
4005
B12-144 ラッズ・ア・バンカム Lads a Bunchun イングランド モリス・ステックダンス(Morris Stick Dance)、
ロングウェーズ(3組)、
7357
B12-148 ザ・カークビー・マルジアード・ソード・ダンス
(ロング・ソード)
The Kirkby Malzeard Sword Dance
(Long Sword)
イングランド ソードダンス(Sword Dance)、 スチール製の剣を持って踊る。
6人一組、 
7358
B12-154 フラムボロウ・ソード・ダンス
(ロング・ソード)
Flamborough Sword Dance
(Long Sword)
イングランド ソードダンス(Sword Dance)であるが剣はつかわず、ソードとよぶ木製の物差しに似た棒をつかう。
8人一組、左手にソードをもつ、
7359
B12-156 ザ・スウォールウェル・ソード・ダンス
(ショート・ソード)
The Swalwell Sword Dance
(Short Sword)
イングランド ソードダンス(Sword Dance)
5人一組のサークル、右手にソードをもつ、
7360
B12-177 ダーガソン Dargason イギリス,イングランド ソードダンス(Sword Dance)であるがソードは使わない。
ロングウェーズ(4組、8人)一列、
1045
B12-179 ザ・ボートマン The Boatman イングランド ソードダンス(Sword Dance)であるがソードは使わない。
ロングウェーズ(3組)、 4/4拍子、
7361
B12-182 ベルファスト・ダック Belfast Duck イングランド バーンダンス(Barn Dance)
ロングウェーズ(2組で1セット)、 4/4拍子、 ホーンパイプ(Hornpipe)、
7362
B12-183 オックス・リール Oxo Reel イングランド バーンダンス(Barn Dance)
ロングウェーズ(6組で1セット)、 2/4拍子、 
7364
B12-183 ガロペイト Galopade イングランド バーンダンス(Barn Dance)
ロングウェーズ(4〜6組で1セット)、 2/2拍子、 ガロペイト、
7363
B12-184 ザ・ウェイブス・オブ・トーリー The Waves of Tory アイルランド バーンダンス(Barn Dance)
ロングウェーズ(5組)、 6/8拍子、 ジグ(Jig)、
4959
B12-185 カンバーランド・スクエア・エイト
(キャンバーランド・スクエア・エイト) (キャンバーランド・スクエア)
Cumberland Squar Eight イギリス キャンバーランドとはイングランドの土地の名からとられている。 イングリッシュ・カントリ-・ダンス(English Country Dance)。 980
B12-185 カンバーランド・ロング・エイト Cumbeerland Long Eight イギリス バーン・ダンス(Barn Dance)
ロングウェーズ(4組)、   6/8拍子、 
977
B12-186 モーペス・ラント Morpeth Rant イングランド バーン・ダンス(Barn Dance)
ロングウェーズ(2組で1セット)、 4/4拍子、 モーペスラント、
7365
B12-187 ドーセット・フォー・ハンド・リール Dorset Four Hand Reel イギリス、イングランド バーン・ダンス(Barn Dance)
デュプル、 2/4拍子、
1249
B12-188 オスロー・ワルツ 
(サークル・ワルツ)        
Oslo Waltz
(Circle Waltz)
イギリス、スコットランド、 ノルウェーの首都オスロー市の名を冠し、ノルウェー民謡が編み込まれている。  バーン・ダンス(Barn Dance)
「オスロー・ワルツ」は日本で躍られている名前で、本場のイギリスでは「サークル・ワルツ(Circle Waltz)」のタイトルで踊られている。
アメリカにも"Circle Waltz"の曲があるので、輪になって踊るワルツのことでしょう。
パーティのラスト・パートで踊られる。
3607
B12-191 ブライトン・キャンプ Brighton Camp イングランド ロングウェーズ(4〜6組で1セット)、 2/2拍子、  7366
B12-191 デューハム・リール durham Reel イングランド ロングウェーズ(5〜8組で1セット)、 6/8拍子、  7367
B12-192 ヘイスト・ツー・ザ・ウェディング Haste to the Wedding イングランド ロングウェーズ(3組で1セット)、 6/8拍子、  7368
B12-193 リボン・ダンス Ribbon Dance イングランド 男女はリボン、ハンカチなどを右手に、または二人の間にもちあう。
ロングウェーズ(4〜6組で1セット)、 2/2拍子、 
7369
B12-194 スリー・ミート Three Meet イングランド デュプル(ミクサー)、  6/8拍子、 7370
B12-195 シシリアン・サークル Sicillian Circle アメリカ、イギリス デュプル・マイナーセット(4人)で踊る。 4336
B12-196 サーカシアン・サークル (お花のサークル),
(輪になって)
Circassian Circle イギリス 意味→「コーカサス地方サーカシアの民族習慣からイギリス人が作った踊り」。原曲はグッド・ヒューマー(Good Humour)である。 2480
B12-197 オールド・ロジャー・イズ・デッド Old Rodger is Dead イングランド シンギング・ゲーム(singing Game)
お婆さんがやってきて、木からリンゴをとった、ロジャーお爺さんが生きかえってお婆さんを叩く!
7371
B12-199 マルベリー・ブッシ Mulberry Bush イングランド シンギング・ゲーム(singing Game)
さあ、みんなでマルベリーの木のまわりをまわろう!
7372
B12-200  ロンドン・ブリッジ 
(ロンドン橋) (ロンドン・ブリッジ・フォーリン・ダウン )
London Bridge
(London Bridge is Falling Down)
イギリス シンギング・ゲーム(singing Game)
イギリスの有名な民謡、 ロンドン橋という名で古くから歌われている。
首府ロンドンの街中を流れるテームズ河に架けられた橋の名のこと。
♪ ロンドン橋が落ちる 落ちる ロンドン橋が落ちる 落ちる さあ どうしましょう〜♪
2人でアーチを作り橋の役をする、他の人はアーチをくぐる。
2960
B12-201 ナッツ・イン・メイ Nuts in May イングランド シンギング・ゲーム(singing Game)
選ばれた二人列の中央で右手をひっぱりあい、勝った方へ行く。
7373
B12-202 ルビィ・ロー Looby Loo イギリス、イングランド シンギング・ゲーム(singing Game)
♪ さあ、 ルビィ・ローに行こう、 さあ、 ルビィ・ローに行こう、 みんなで 土曜の夜に〜♪
7261
B12-203 かりにゆきましょう
(狩りにゆきましょう)
(ア・ハンティング・ウイ・ウイル・ゴウ)
A Hunting We Will Go イギリス シンギング・ゲーム(singing Game)
男女各々4人を一列とし、向き合って立つ。
♪ みんなで狩りにいこう 狩りにいこう〜♪
51
B12-204 ビンゴ Bingo (B-I-N-G-O) アメリカ (スコットランド系アメリカ) プレイ・パーティ・ゲーム(Play party game)、シンギング・ゲーム(singing Game)。
♪ 大きな黒犬ポーチにすわって、ビンゴはその名〜♪
歌いながら楽しく踊ります。 "B, I, N, G, OHHH !" と大声で呼びながらグランド・ライト・アンド・レフトを行う。
487
B12-211 ハイランド・フリング Highland Fling スコットランド ソロ(一人踊り)、 ストラスペイ(Strathspey)の曲、
ハイランドダンスの基本の踊り
1902
B12-216 ソード・ダンス
(ギリーカラム)
Sword Dance
(Gillie Chaluim)
スコットランド ソロ(一人踊り)、剣を十字におく、 7374
B12-231 ナン・ソー・プリティ None So Pretty スコットランド ロングウェーズ(4組)、   4/4拍子、 リール(Reel)、 7375
B12-231 ザ・ワイルド・ギース the Wild Geese スコットランド ロングウェーズ(4組)、 6/8拍子、  ジグ(Jig)、 4965
B12-232 ザ・ホーリン・バス The Hollin Buss スコットランド ロングウェーズ(4組)、 6/8拍子、 ジグ(Jig)、 7376
B12-233 カレッジ・ホーンパイプ 
(ザ・カレッジ・ホーンパイプ)
College Hornpipe 
(The College Hornpipe)
スコットランド ロングウェーズ(4組)、 4/4拍子 930
B12-233 ブレイス・オブ・ブレダルベイン Braes of Breadalbane スコットランド ロングウェーズ(4組)、 4/4拍子、 ストラスペイ(Strathspey)、 308
B12-234 バルキダー・ストラスペィ Balquidder Strathspey スコットランド ロングウェーズ(4組)、 4/4拍子、ストラスペイ(Strathspey)、 425
B12-235 セイラー、 ザ  The Sailor スコットランド セイラー(Sailor)→船乗り、船員、 ロングウェーズ(4組)、 4/4拍子、 8 x 32 ホーンパイプ(Hornpipe)、 4945
B12-235 キングシィ・フラワー Kingussie Flower (R40-3C) スコットランド ロングウェーズ(4組)、 4/4拍子、 リール(Reel)、 2643
B12-236 ミス・ハデンス・リール Miss Hadden's Reel スコットランド ロングウェーズ(4組)、 6/8拍子、 ジグ(Jig)、 7377
B12-237 シュガー・キャンデイ Sugar candie スコットランド ロングウェーズ(4組)、 4/4拍子、 ストラスペイ(Strathspey)、 4654
B12-238 ザ・フリスキー The Frisky (J8x32-3C) スコットランド ロングウェーズ(4組)、 6/8拍子、 ジグ(Jig)、 4898
B12-238 エアドリー・ラッシー Airdrie Lassies スコットランド ロングウェーズ(4組)、  6/8拍子、 ジグ(Jig)、 199
B12-239 ジェネラル・スチュワート・リール General Stewart Reel スコットランド ロングウェーズ(4組)、 4/4拍子、 リール(Reel)、 7378
B12-240 キャジャース・イン・ザ・キャノンゲート Cadgers in the Canongate スコットランド ロングウェーズ(4組)、 4/4拍子、 リール(Reel)、 7379
B12-241 ハミルトンス・ラント Hamilton's Rant スコットランド ロングウェーズ(4組)、 4/4拍子、 リール(Reel)、 7380
B12-242 フォーサム・リール、ザ The Foursome Reel スコットランド ロングウェーズ(2組で1セット)、リール(Reel)32小節、ストラスペイ(Strathspey)32小節、 7306
B12-243 エイトサム・リール Eightsome Reel スコットランド 演奏→Jimmy Shand楽団、 演奏時間 8分弱の大曲。
踊りと同時に録音されているのでスコットランド独特のかけ声や足音も入っており、踊りの雰囲気を知るうえで非常に参考になる。
1420

(注) 目次には55曲あるが161〜176ページまでの16ページが欠落しているため50曲のみ。     

書籍:一覧へ